スポンサーリンク
Others

Google Colaboratoryのランタイムを自動で終了&Slackへの通知

Google Colaboratoryを使って時間のかかる処理を行う際に、コードの実行が終了したタイミングで自動でColabのランタイムを終了し、それをSlackへ通知するようにしてみました。 概要 以下が今回作成したサンプル...
PyTorch

PyTorchの量子化をかるく動かしてみる【Quantization】

はじめに PyTorchでは、ディープラーニングのモデルを量子化する様々な方法が用意されています。今回はPyTorchでサポートされている量子化方法について、PyTorchのドキュメントに記載されているコードをベースに確認していこう...
PyTorch

PyTorchで行列を用いて連立方程式を解くtorch.linalg.solve

行列を用いて連立方程式を解く際、torch.linalg.solveを用いて解を求めることができます。公式ドキュメントのサンプルコードをベースに、使い方を見ていきます。
PyTorch

PyTorchで勾配クリッピングをする方法

ニューラルネットワークの学習時に勾配爆発が発生しないようにする方法として、勾配クリッピング(Gradient Clipping)があります。PyTorchでこれを行うための方法についてまとめました。
Python

IPython.display.AudioでJupyter Notebookに音声データを埋め込む

Google colaboratoryなどのNotebookに音声データを埋め込む方法に、IPython.display.Audioが便利です。以下公式ドキュメントを参考に、使用方法についてまとめていきます。
Python

numpyでエルミート転置をする

numpyで複素数のエルミート転置(共役転置)を計算する方法について。 結論から言うと、numpy.matrixの場合は便利なH属性(.H)があるが、numpy.ndarrayにはなさそうでした。それぞれの場合でどのようにエルミート転置が計算できるかメモしておきます。
PyTorch

PyTorchでGlobal Average Poolingする際に用いられるtorch.nn.AdaptiveAvgPool2d

今回は、PyTorchでGlobal Average Poolingを行う方法についてまとめていきます。結論からいうと、torch.nn.AdaptiveAvgPool2dを出力サイズ(1,1)として用います。 torchv...
PyTorch

【PyTorch】GroupNormの動作を確認してみる

PyTorchでGroup Normalizationを行うtorch.nn.GroupNormについて調べた内容をまとめます。
機械学習

【Asymmetric Loss】不均衡なマルチラベル分類に対するロス 【論文まとめ】

不均衡なマルチラベル分類のために2021年に提案されたロス、Asymmetric Loss[1]について調べてみたので、まとめます。
機械学習

ディープニューラルネットワークの量子化についてざっくりまとめた

はじめに ディープニューラルネットワーク(DNN)のモデルを圧縮する技術の代表的な手法のひとつに量子化があります。量子化ではモデルの重み等のパラメータの量子化ビット数を下げることでモデルサイズを縮小し、計算の高速化を行います...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました